本文へ移動

化 学 療 法 に つ い て

化学療法とは、内服や注射などの抗がん剤を用いてがんを治療する治療法のことです。
疾患の原因となっているがん細胞を破壊したり、増殖を抑制することにより、疾患の治癒や、進行を遅らせるなどの効果が期待できます。

入 院 化 学 療 法 に つ い て

現在、血液内科では3人の常勤専門医が診療しております。また、より充実した質の高い医療を提供するために一般病床の他、無菌室(クリーンルーム)を使用し、無菌管理を必要とする化学療法等の専門的な治療を行っております。

外 来 化 学 療 法 に つ い て

化学療法は入院による治療が主流でしたが 最近では、新しい抗がん剤や副作用を抑える薬を組み合わせることにより、疾患によっては自宅での生活を続けながら外来で化学療法を実施することも可能となっています。当院では患者様にできるだけ身体のご負担を少なく、最大限の効果を上げることを目的に治療しております。「診断」から「治療」「経過観察」まで血液内科では患者様の「生活の質」QOLを維持または向上させるため、栄養指導も含めたフォローアップを行っております。
■ 外 来 化 学 療 法 の 算 定 評 価 について
当院は、外来化学療法加算1を算定しており、質の高い外来化学療法を提供するために
地域連携を強化し連携充実加算を算定しています。
1
3
0
3
3
8
2021年
03月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
TOPへ戻る