本文へ移動

外 来 化 学 療 法 に つ い て

化学療法は入院による治療が主流でしたが 最近では、新しい抗がん剤や副作用を抑える薬を組み合わせることにより、疾患によっては自宅での生活を続けながら外来で化学療法を実施することも可能となっています。当院では患者様にできるだけ身体のご負担を少なく、最大限の効果を上げることを目的に治療しております。「診断」から「治療」「経過観察」まで血液内科では患者様の「生活の質」QOLを維持または向上させるため、栄養指導も含めたフォローアップを行っております。外来化学療法室は完全予約制で、室内にはベッド3床リクライニングチェア3床を設けています。治療スペース毎に液晶テレビを設置するなど、リラックスして治療を受けていただける空間づくりに努めています。

治 療 内 容

医師の指示のもと看護師がケアにあたり、治療中の経過管理を行っており、薬剤師は薬剤の管理調整だけでなく副作用やスケジュール等の説明を行っております。また、ソーシャルワーカーや、栄養士、医療事務等も連携して患者さまへのサポートをしています。

外 来 化 学 療 法 の 診 療 の 流 れ

1.再来受付


2.問診票の記入・バイタル測定

3.化学療法室

採血を行います。レントゲンやCT撮影がある方は、別途ご案内します。検査結果を医師が確認した後、治療を開始します。治療の状況を共有する目的に、治療の進歩等を文書により提供しています。

【提供文書】
1)化学療法指示書 
2)化学療法連絡票 
3)外来化学療法副作用報告書 
4)血液検査結果

4.会計窓口

当日の治療が済み体調に問題なければ、次回の予約票を受け取り、会計窓口にてお支払いとなります。処方が出ている場合は処方箋を持って、院外薬局にてお受け取り下さい。この際、処方箋と伴に上記1) ~ 4)の書類を提示すると、化学療法室で受けた点滴薬と内服薬の飲み合わせや副作用等の指導が受けられます。

研 修 会 に つ い て

院外薬局の薬剤師の方々を対象に、がん化学療法に関する研修会(レジメンの解説等)を開催しています。

トレーシングレポートについて

当院では、外来におけるがん化学療法の安全性を確保し、院外薬局との連携により質の高い医療を提供するため、「連携充実加算」を算定しています。院外薬局において「特定薬剤管理指導加算2」の算定が可能です。患者さまに、治療内容に関する文書をお渡ししています。フィードバックが必要と思われる情報を聴取した際は、下記のトレーシングレポートでFAX送付をお願い致します。トレーシングレポートにて提供された情報は、薬剤部において内容確認させていただき、カルテへ記載・情報共有等で診療に活用させていただきます。緊急性の高い情報については、当院へお問い合わせをお願いします。

患者さまの状態(副作用発現状況等)の照会・報告

担当:福島南循環器科病院 外来
TEL   024-546-1221 
FAX   024-546-5100

レジメン内容に関するお問合せ

担当:福島南循環器科病院 薬剤部
TEL 
024-546-1221
FAX 024-546-5100
1
5
3
5
8
1
2021年
06月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
TOPへ戻る