本文へ移動

血 液 内 科 に つ い て

血液内科では、急性白血病、慢性白血病、悪性リンパ腫、多発性骨髄腫、骨髄異形成症候群、などの血液がんやいろいろな種類の貧血(再生不良性貧血、骨髄異形成症候群溶血性貧血、悪性貧血、鉄欠乏性貧血など)、骨髄増殖性腫瘍(真性多血症、本態性血小板血症、骨髄線維症)、骨髄異形成症候群、血小板減少症、血液凝固異常症など、幅広い血液疾患の診療を行っています。
■ こ の よ う な 症状 の 方 を 診察 いたします。
リンパ節の腫れ、しこりなどの症状
あざができやすい、出血しやすい、血がとまりづらいなどがみられる場合
健康診断などで白血球、赤血球、血小板の増加や減少がみられる場合

主 な 検 査


血液検査
骨髄穿刺検査
染色体検査
細胞表面マーカー検査

■ 受 診 に あ た っ て
紹介状・検査データ・お薬手帳があれば持参ください。
1
3
1
3
5
7
2021年
03月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
TOPへ戻る