本文へ移動

導 入 医 療 機 器

C T 検 査 機 器

当院では最新のCT装置「SOMATOM go」を導入しております。
 この装置は最新技術「Tin filter(スズのフィルタ)」を搭載しており、CT画像に影響を及ぼさない余分なX線をカットすることが可能となります。これにより、CT検査の被ばく線量を従来の50分の1(0.1ミリシーベルト程度)まで抑えることができ、胸部X線検査(レントゲン)とほぼ同じ被ばくでCT検査が受けられます。
このように胸部X線検査(レントゲン)と同じくらいのとても低い被ばく線量でCT検診が可能となりますので、放射線被ばくが不安な方でも安心して検診をお受けいただけます。

肺がんCT検診について

CT肺がん検診は、胸部X線検査(レントゲン)では指摘が難しい小さな病変や、心臓や横隔膜に隠れて見つけることのできない肺がんを早期に発見することが可能です。

腹部CT検診について

腹部CT検診は、腹部X線検査(レントゲン)では指摘が難しい胃・腸・肝臓・膵臓などの病変を発見することが可能です。

最新鋭 C T の 特徴

1
8
4
8
6
6
2021年
10月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
TOPへ戻る